NISAとは、少額投資非課税制度のことで株式や投資信託などの投資による運用益、配当金などの利益に対してかかる約20パーセントの税金がかかりません。
また、年間100万円を上限に非課税となっております。
2014年から制度が開始され、2023年までの10年間の間、毎年新たに100万円の非課税枠を追加することができるとされております。

日本で開始されるNISA(ニーサ)制度は、英国で浸透している少額投資を優遇する制度の個人貯蓄口座であるISA(Individual Savings Account )を参考としてつくられたと言われております。
ニーサの資格者は20歳以上の日本国内居住者であれば、口座をつくることができます。
ニーサの非課税期間は最長5年間となっておりますが、途中で売却をすることも可能です。

ただし、途中で売ってしまった場合は、非課税枠を使ったとみなされますので、枠を再利用するということができません。
そのため、短期で売却を繰り返してしまいますと、非課税枠をあっという間に使い切ってしまうということになってしまいます。
株などの売買手数料が高い証券会社から、手数料無料のネット証券などさまざまな会社がありますが、ご自身の取引したい銘柄の取り扱いをしているかどうかも、どこで口座を開設するかの重要なポイントになるかもしれません。

一旦口座をつくると4年間は口座を他の証券会社に乗り換えるということができませんのでご注意ください。


ページTOPへ